マンションを売却したのは2012年10月です。売却をしようと思ったきっかけは東日本大震災の時です。
その日わたしは3歳の子供と一緒に自宅にいたのですが、高層階(25階)だった為ものすごく揺れて怖い思いをしてしまいました。
また、オール電化でしたので、エレベータを含め水道以外のライフラインが全てとまりました。

震災後、いつもの生活を取り戻した頃に家族で話し合い、もしまた地震がおきたら、又は他の予期しない出来ごとに十分に対応できる環境ではないと意見が一致しましたので、マンションを売却して引っ越すことを決めました。約5000万で購入していましたので、同じくらいの価格で売却出来れば嬉しかったのですが、実際は4300万くらいでの売却になりました。

見積もりは何社かに来てもらっていましたが、見積もり額は4000万~4800万とバラバラでした。
室内で犬を2頭飼っていた為、室内クリーニングや壁や床の張替等でも結構費用がかかりました。結果、全体的にみたらマイナスです。
空き家処分で高額査定で売却するために参考になるサイト

流れとしては、まずネットでマンション売買の不動産会社を探し、中でも信用できそうな業者にのみオンライン上で見積もり依頼をしました。
更にそこからメールや電話でやり取りをして、担当の方が感じが良さそうでしっかりした感じの会社にのみ来宅してもらいました。
実際物件を見ていただき写真の撮影や、マンションや部屋の眺望等のセールスポイントについてヒアリングがありましたので結構細かく対応をしました。
写真撮影はまだ住んでいる状態でだったので満足に撮影が出来ませんでした。

家やマンションを購入しようと考えている時は、良い所を探して購入のきっかけを作ろうとしますが、デメリットも多めに見ておいた方が良さそうです。
わたしが売却したマンションは都内のタワーマンションでしたが、車での移動前提で購入した為交通の便があまり良くなく、震災後は同マンションから多くの人が売却してしまっていたようです。(その後日本でのオリンピックが決まってから、オリンピック村予定地が近い為またマンション内に人が増えたと住人に聞きました)