交通の便だけではなく、買い物がしやすいかも家選びに大事

大学卒業後、地元での就職が決まり、大学の近くに借りていた家を引き払うことになりました。

地元で働くので、実家に帰るのもいいなと思ったのですが、
せっかく一人暮らしのために揃えた家電や家具がもったいなかったので、
引き続き一人暮らしをすることにしました。

不動産業者のホームページで物件を探し、就職先の会社に近い家を借りました。
南向きで日当たりがよく、何より家から徒歩5分で会社に到着するのが決めてでした。

家賃は2万5千円と格安で、狭いながらも快適でした。
大学生のころに借りていた家は広かったのですが、部屋にいてもとくにすることがないわたしにとっては、
狭いところで充分だったのです。

家のすぐ近くに大家さんが住んでいて、困ったことがあればすぐに助けてくれました。

わたしは家にとくにこだわりが無いタイプなのですが、
新居は築年数が経っているわりに水回りが綺麗で、気に入りました。

住んでみてから、やはり家と会社が近いのはいいなと思うことが何度もありました。
まず朝起きて、多少寝坊してしまっても、家から自転車で走れば3分で会社に到着します。

また、昼休みに会社の食堂が混んでいるときには、家に帰って冷蔵庫の中のものを食べました

わりと節約にもなっていたと思います。

食堂で一食買うと400円はかかってしまうので、便利でした。

残業をしてヘトヘトになっても、すぐ家に着くのでストレスも溜まりませんでした。

住んでみてから気づいたことは、近くにコンビニやスーパーが無いことです。

あるといえばあるのですが、家と会社を結ぶルートからは少し外れており、
会社の帰りに買い物をすると家まで遠回りになってしまうのです。
夜に小腹が空いて、お菓子でも食べたいなという気分でも、家からコンビニまでは歩いて10分程度かかるので、億劫でした。

ふだんの食事は自炊するタイプですから、スーパーには会社が休みの日に行き、一週間分の食材を調達していました。

次に家を探すときは、交通の便だけでなく家の近くに買い物する場所があるかどうかも考慮したいと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です